後藤 由紀(ゆっきー)

  スペイン語学科の学生だった20歳の時にメキシコの幼稚園で働く機会を得る。その1年間の経験から子どもの素晴らしさに目覚め、以来何らかの形で子どもにかかわってきた。

 

 大学卒業後、通信教育で小学校教諭の免許を取得し、児童館職員、公立小学校教諭、オルタナティブスクール教員、学童保育指導員などの職を経験。どの職場でも、子どもたちとの充実した日々を送りながらも(子どもが育つ上で何かもっと大切なことがあるはず)と、すっきりしないものを感じていた。

 

 探し求めるうちにサドベリーバレースクールについて書かれた書籍『世界一素敵な学校』と出会い、衝撃を受ける。(こんな学校が作れたら!)のわくわくに従って2014年3月にサドベリーバレースクールでの研修に参加。学校全体に流れる自由で暖かい空気や、スタッフや在校生、卒業生たちとのインタビューなどからやっぱりこれだと確信し、2015年4月から静岡県浜松市にて「デモクラティックスクール び~だ」の立ち上げに中心となって携わり、今に至る。

 

 誰もが自分がわくわくすることをやっていくことが、全体の役にたち、全体の幸せへとつながっていくと思っている。び~だでの日々を経ながらサドベリーの奥の深さを感じている今日この頃。

 今一番やりたいことは、頭の中に作り上げて守ってきた、たくさんの枠をどんどん取っ払っていくこと。